プレセア 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

プレセア 買取 相場

プレセアの買取価格をプレセアの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【プレセアの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

日産自動車が製造・販売していたプレセア(Presea)は、乗用車である。耽美的なスタイリングを重視した4ドアピラードハードトップである。車名プレセアは、スペイン語で「宝石」や「かけがえのない大切なもの」という意味から来ている。1990年6月初代プレセア(R10型)は、ローレルスピリットの後継車種として、B13型サニーの基本コンポーネンツを流用して開発された。1.5L、1.8L、2.0Lの3種のエンジンを搭載している。ルーフラインの低さがプレセアの特徴であり、スタイリングは耽美的で、その柔和な感じが女性からの人気を集めた。インバース形状のヘッドランプ、フロントグリルのないフロントマスク、ライトを点灯するとマリンブルーに発光するメーターパネルなどを特徴としている。警察では、捜査用の覆面パトカーや、機動隊の連絡用の車として使われていた。国内専用車であったが、海外の販売が目立つようになったので、東南アジア諸国やニュージーランドへの輸出が多くなった。1995年1月2代目(R11型)にフルモデルチェンジし、マルチリンク・ビーム式のリアサスペンションが採用された。搭載エンジンは全てツインカムのSR20DE型、SR18DE型、GA15DE型の3機種ある。1997年8月マイナーチェンジし、フロントとリアを中心に意匠変更した。優雅なスタイリングではあるが、車高が低いために、後席居住性が犠牲となっている。2008年8月に製造を終了した。

【運営者情報】自動車評価学会 プレセア買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ